糖質制限 食べ過ぎ 対処

糖質制限中に食べ過ぎた場合の家で出来る「簡単」対処方法

スポンサーリンク

昔は食事の量を減らすダイエットが流行っていましたが、現在では食べる量よりも糖質を減らすというダイエットをしているという人が増えてきました。
白いご飯やパン、麺類などを摂取しない、もしくは摂取する量を減らすという方法になります。
糖質制限中に食べ過ぎてしまった場合の対処方法についてお話していきましょう。

 

まず糖質の多い食品を紹介しましょう。

 

上述したようにご飯、パン、麺類などの炭水化物に多く含まれています。
白いご飯だけでなく、玄米、五穀米、赤飯、お粥などにも含まれています。
インスタント食品やお菓子にも多く含まれます。
ショートケーキ、大福、アイスクリームなどにも多いです。

 

これらの食品は糖質が多いイメージがありますので注意するところだと思いますが、野菜にも含まれているものがあります。
長芋、ジャガイモ、さつまいも、トウモロコシ、玉ねぎなどの野菜にも多く含まれています。
これは果物も同様でバナナ、リンゴ、柿、ぶどう、モモなどにも注意が必要です。

スポンサーリンク

糖質制限中の対処方法はいくつかあります。

 

「まずは運動をしましょう」
食べ過ぎてしまったと感じた場合には運動によって糖質を燃やしてしまいましょう。
運動することによってエネルギーが消費され、糖質も消費されます。
もちろん通勤中や通学中などに歩くことでも消費されます。
また家の中で筋肉トレーニングをしても良いでしょう。
食べ過ぎた量にもよりますが30分〜1時間程度を目安に考えましょう。

 

「次の食事は少量に…!」
食べた量が気になった場合には次の食事の量を減らす、もしくは糖質の少ない食品を食べましょう。
糖質の低い食品も紹介しましょう。

牛ロース、ひれ、挽肉、豚ロース、ヒレ、ベーコン、鶏むね、モモ
あじ、しらす、あさり、牡蠣、するめいか
きゃべつ、レタス、白菜、大根、もやし、枝豆
たまご、豆腐、納豆など

牛肉はカロリー自体は高いですが糖質は低いです。
その他の食品も糖質制限中に勧められているものになります。
ただし食事はエネルギーですので3食しっかりと規則正しく食べることが大切です。

 

「気持ちを取り直す!」
食べ過ぎてしまったものは仕方ありません。
後悔しても痩せるわけではありません。
気持ちをリセットして次の食事からしっかりと糖質制限していきましょう。
肩を下す必要はありません。続けることが最も重要です。
「食べ過ぎた日もあったけどこんだけ痩せれたんだ」と自慢できる日はそう遠くはありません。

 

【まとめ】
糖質制限中の対処方法というのはさまざまな方法があります。
やはり効果が高いのは運動で間違いはありません。
しかし深夜などだと行えない場合もあるかと思います。
家の中でもできることをしっかりと行っていきましょう。

スポンサーリンク