食べ過ぎ ムコスタ 効果

食べ過ぎにムコスタは効果がある!?/リセットは出来ません。

スポンサーリンク

焼き肉やステーキ、寿司…。
美味しいものを目の前にすると食欲は止まらなくなってしまうものです。
しかし食べ過ぎてしまうと胃痛や腹痛などの症状が起こることがあります。
特に胃腸が弱いと感じる人は症状に気付いていると思います。

 

今回はムコスタの効果についてお話していきましょう。

 

 

ムコスタはレバミピドと呼ばれる成分を含んだ錠剤です。
これは胃潰瘍などの胃痛を抑える目的で使用されます。

 

また胃の粘膜の修復だけでなく、目の角質を改善するとも言われ点眼薬もあります。
これはドライアイなどの場合に使用されています。

 

胃の粘膜を丈夫にしてくれますので胃炎や胃潰瘍に使用されますが他にも解熱鎮痛剤などの副作用である胃の荒れを防止するためにも処方されることがあります。
安全性が高いと言われており、副作用も少ないと言われています。
そのため解熱鎮痛剤などと使用されるように広く使用されている薬です。
そんな効果のあるムコスタですが食べ過ぎには効果がないと言えます。

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまった場合の対処方法は消化を促進することです。
ムコスタは胃の粘膜を保護する目的で使用されますので消化を促進するものではありません。
そのため他の薬を飲んだ方が効果が見込めます。

 

ムコスタは胃痛を伴う胃潰瘍や胃炎などの際に服用する薬になります。

 

では食べ過ぎの場合にはどのような薬が良いのでしょうか。

 

基本的に消化を促進させることが対処方法になりますので胃酸の分泌を促すものが好ましいです。
胃に溜まっているものを消化する目的で使用します。
市販のものを購入する場合には薬剤師に相談するのが良いでしょう。

 

わからない場合には総合胃腸薬がおすすめです。
総合と名前のついてるだけあって胃腸に総合的に効果が見込めます。
購入する場合には念のため薬剤師に相談するようにして下さい。

 

どんな薬にも副作用はあります。
ムコスタも安全と言われていますがアレルギーなどの副作用が現れる場合もあります。
薬を服用する場合には注意が必要です。

スポンサーリンク