食べ過ぎ 筋肉痛 原因

食べ過ぎによって筋肉痛が起こる原因/腹筋、背中、顎に起こる症状

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまった場合によくある症状が下痢や腹痛、胃痛などの症状です。
特に早食い、ドカ食いなどになりがちな人は注意が必要です。
食べるということは本来は素晴らしく幸福感すらも与えてくれるものになります。
美味しいものを美味しく食べるうえでとても重要になります。

 

食べ過ぎによって筋肉痛になる原因についてお話していきましょう。

 

 

筋肉痛と聞いてまず思い浮かべるのは筋肉トレーニングだと思います。
筋肉トレーニングをすると筋肉が傷ついて、そこから超回復することによって筋肉量がアップするというものになります。
もうひとつは打撲や捻挫などの怪我によって筋肉が損傷してしまい、痛みが起こることを筋肉痛とも言います。
食べ過ぎの場合にはどちらも考えることが出来ます。

 

物を多く食べるということは噛む回数も多くなります。
そのため顎の筋肉が多く使われ、この際に使用されるのは咀嚼筋です。
硬いもの、ガム、スルメなどを食べた時に顎に痛みが出たという人は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

咀嚼回数が増えることによって顎の筋肉が使用され筋肉痛が出ます。
この場合に顎が外れたり、痛みが出てしまうのを顎関節症と言います。

 

もう一つ考えられるのは胃など臓器系の痛みであるということです。
食べ過ぎてしまうことによって胃痛が出ることはよくある症状です。
これを腹筋や背中などの痛みと勘違いしていることもあります。
特に食べ過ぎによって背中が痛むということはよく聞きますが、本来は臓器の痛みであるものを背中の痛みと脳が勘違いしています。
これは神経が近いところを通っていると脳が痛みを勘違いしてしまうという現象です。

 

このようなことが原因と考えることが出来ます。
しかし食べ過ぎが原因ではない場合も考えられます。
痛みが治まらない場合には早めに病院へ行きましょう。

 

身に覚えがない身体の痛みというのは危険な場合もあります。
医師にしっかりと検査をしてもらいましょう。

 

食べ過ぎが原因で起こっている場合には量を調整する必要があります。
腹八分目でゆっくりと食べることを心掛けましょう。

スポンサーリンク