食べ過ぎ 吐き気 吐けない

食べ過ぎで吐き気があるけど吐けない場合の対処法!

スポンサーリンク

食べるということは人間にとって欠かすことのできない生活の一部です。
食べることをやめてしまっては生きていくことができないといってもいいでしょう。
しかし美味しいものを前にすると止まらなくなってしまい食べ過ぎってしまって吐き気や下痢といった症状になってしまったという人は多いのではないでしょうか。
吐き気があるときにすぐ嘔吐できればいいのですがすぐに出てくれない場合もありますので吐けない場合の対処方法についてお話していきましょう。
一般的に「吐きやすい体勢」があります。
直立で立っている状態から前かがみになり頭を下げます。
この姿勢には個人差もありますのでご自身にて試してみてください。
そして「水を多く飲むこと」によって胃の中の物が滑りやすくなり、吐きやすくなるとも言われています。
水を飲んでも最初は水しか出てこない場合もあります。
お湯を飲んだほうが吐きやすいという人もいますのでお湯にしてみてもいいかもしれません。
胃の中を満たすことによって吐きやすくなります。
のどに刺激を与えることによって吐き気を促してあげるといった方法もあります。

スポンサーリンク

有名なものだと指をのどに押し当てて吐くという方法もありますし、スプーンを使用する方法もあります。
こちらものどの奥を刺激することにより嘔吐を促します。
ただしやり過ぎるとのどを傷つけてしまい、吐血につながる可能性もありますので注意して行ってください。
マスタードを薄めたお湯を飲むという方法もあります。
これは非常に飲みにくいですが20分から30分の間に吐き気が出てきます。
これを行う際には鼻を抑えながら飲むことによって飲みやすくなるかもしれません。
このような方法を試してみてください。
吐けないのが解消できる可能性は十分にあります。
しかし吐き気がある場合に吐けないというのは大変つらいものがあります。
そのような状況になるのはできるだけ避けましょう。
飲み過ぎや食べ過ぎによって起こる場合が多いですので食べる際の量にも注意しましょう。

スポンサーリンク