食べ過ぎ 下痢 メカニズム

食べ過ぎで下痢が起こるメカニズムとは!?

スポンサーリンク

美味しいものはいくらでもお腹に入ってしまいますよね!!
私自身も美味しいものを目の前にしてしまうと我慢できずに食べ過ぎてしまうということが多々あります。
この食べ過ぎで下痢になるメカニズムについて説明していきましょう。
まず下痢というのは便の中に水分が90%を超えると水分が多くなりすぎることによって起こります。
通常の便の水分は60%〜70%と言われています。
水分は胃腸で吸収されるものです。
食べ過ぎてしまうことによって消化不良となっていることが原因となっていると考えられます。
食べるものの種類によっても起こる可能性があります。
例えば浸透圧といって水分を取り込む力が高い食べ物があります。
これを過剰に摂取してしまうことによって水分を胃腸が吸収しにくくなりますので、便に水分が残ってしまうことがあります。
これを浸透圧性下痢といいます。
他には胃腸のぜん動運動を促進させる食べ物があるのですが、通常であれば便秘に効果があると言われている食べ物です。

スポンサーリンク

しかし蠕動運動を活発化させるだけでなく、過剰に活発化することによって水分が吸収されないことがあります。
この場合にも下痢になります。
便が出来るメカニズムについてもお話していきましょう。
口から取り込んだ食べ物は胃に送られます。
胃でドロドロに溶かされて十二指腸へ送られ、胃液や胆汁、膵液などに栄養素が溶け小腸へと進みます。
この段階では食物繊維などは消化されていません。
小腸から大腸へ送られる段階ではほとんど水状になっています。
残りの水分が大腸で吸収され、最終的に消化しきれなかったものを便として排出します。
要するに、この一連の流れが早ければ便は水が多く含まれており、遅い場合には固すぎてしまうことになります。
下痢をする原因には食べ過ぎだけとは限りません。
他にもアレルギーや他の病気、細菌、ストレス、食べ方などによっても起こる場合があります。
対処方法として、水分が失われていきますので脱水症状には気を付けましょう。
下痢止めを飲むことは危険となる場合もありますのでおかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク