食べ過ぎ ゲップ 止まらない

食べ過ぎによってげっぷが止まらない原因と改善方法

スポンサーリンク

食べ物を食べ過ぎてしまったことによって身体にどのような悪影響を与えるのでしょうか?
栄養があるものをしっかりと食べるということは健康的良いと言われています。
しかし栄養が豊富なものでも過度に食べ過ぎてしまうことによって悪影響を及ぼします。
その一つにゲップが止まらないという症状が出ることがあります。
この場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか??
ゲップというのは胃の中にある空気が口から出る現象のことです。
これは食事や呼吸、会話などによって口から入ってきた空気が胃に溜まることによって起こりますが、通常であれば体内に吸収されます。
しかし空気の量が多くなってくると逆流して口から排出することがあります。
これは胃の負担を軽くしようとする生理現象ですので食べ過ぎによって空気が入りこむことによって起こっていると考えられます。
空気が入り込んむ原因には早食いやドカ食いなどを行っている場合にもよく出ることがありあります。

スポンサーリンク

また食べ過ぎて胃の中が食べ物でいっぱいになっていますので胃酸が大量に分泌されます。
その場合に胃酸が逆流して胃もたれや胸やけの症状とともにゲップが出ることもあります。
この場合の対処方法は胃に負担をかけない食べ方をすることが大切です。
よく噛んで食べることやドカ食い、早食いをしないことで改善する期待が出来ます。
胃腸の機能が低下している場合にも起こることがあります。
胃炎や便秘などによって胃腸の機能が低下しているとおならのような匂いがすることがありますが、この場合には空気ではなくガスが出ていることになります。
他にも呑気症、空気嚥下症、逆流性食道炎といった場合にも回数が多くなることがあります。
食べ過ぎの場合には吐き気などの症状が伴うこともありますので対処を行うことは大切です。
食後に軽い運動やぬるま湯をゆっくり飲むことは改善につながります。
軽いウォーキングなどの運動も辛い場合には横になってしまいましょう。
横になる場合は右側を下にして右を向いて横になりましょう。
これらのことによって消化を促進することができますので試してみましょう。

スポンサーリンク