食べ過ぎ 胃痛 薬

食べ過ぎによる胃痛の対処法!おすすめの薬はどれ??

スポンサーリンク

ついつい飲み会などの席で食べ過ぎてしまい胃痛や吐き気のような症状が出てしまうことがあります。
食べ放題や焼き肉レストラン、美味しいものがあるとどうしても大量に食べてしまいますよね!!
そんな時にどのような対処をするのがいいのでしょうか。
薬はどのようなものを使えばいいのかをお話していきましょう。
胃痛にはどのような種類があるのかを理解しておきましょう。
大きく分けて三つにあります。
「胃酸過多によるもの」「消化不良や食欲不振によるもの」「ストレスからくるもの」
多くの場合はこのようなことが原因となって起こります。
3種類によって薬も異なりますので紹介していきます。
胃酸過多によるものでは制酸薬やH2ブロッカー、胃粘膜保護薬などが効果を期待できます。
制酸薬は胃酸を中和することで胃の痛みを緩和するもので、H2ブロッカーは胃酸の分泌になる原因物質を抑えて痛みを和らげる効果があります。
胃粘膜保護薬は胃の粘膜を守ります。
消化不良や食欲不振が原因となるものには消化薬や健胃薬が効果が期待できます。
消化薬は酵素の働きによって食べ物の消化を助けてくれます。

スポンサーリンク

健胃薬は胃酸の分泌を増やすことによって胃の働きを促進させます。
ストレスからくるものには鎮痙薬が効果を期待できます。
ストレスから自律神経が乱れたりすると胃酸が多く分泌されます。
胃もたれなどから痛みを引き起こす場合があります。
そのような胃の痙攣を和らげてくれる効果があります。
市販の物の中には総合胃腸薬と呼ばれるものがあります。
これは胃酸を抑えるものや胃の粘膜を守ってくれる成分をバランスよく含んでいます。
有名なものには第一三共胃腸薬プラスなどがあり、とても万能的でおすすめです。
胸焼けが強いという場合には大田胃酸などの効果が期待できます。
胃酸を中和し胃酸を抑えてくれますので飲み過ぎなどでも使用することができます。
このようにその症状やタイプによって市販薬でも効果が異なるものが多く売られています。
迷った場合には薬剤師に相談するようにしましょう。
服用の際には用法用量を守り使用するようにしてください。

スポンサーリンク