食べ過ぎ 背中 痛み 原因

背中の痛みは食べ過ぎが原因となって起こる!?

スポンサーリンク

背中の痛みというのは何らかの病気が隠れている可能性があります。
日々の生活の中で背中を打った、どこかにぶつけたなどの事柄が発生している場合を除けば内臓系の疾患がある可能性が疑われます。
この痛みが食べ過ぎによって起こることが考えられるのでしょうか??
起こる可能性は十分にあります。
通常であれば日常生活で起こりうる原因というのは姿勢が悪いことや不適切な動作をすることによって腰や肩に負担がかかることによって間接的に背中に痛みが出ることが多いです。
代表的なものは「猫背」であるということです。
背筋が曲がっていると外部からの衝撃を分散することが出来ません。
そのため腰痛や背中痛などの症状が出やすくなります。
またデスクワークなどで同じ姿勢を続けていたり、運動不足で起こることもあります。
しかしこのような外部的な負担ではなく内臓系が原因となって起こることがあります。
食べ過ぎてしまったと感じている場合には胃に負担がかかることによって起こります。

スポンサーリンク

これには胃で起こっている痛みが背中の筋肉に伝わってしまい起こるというものです。
途中まで神経を共有している場合や神経が同じ束になっている場合に脳が信号を勘違いしてしまうことによってこのような状況になります。
これを関連痛と言います。
他にも膵臓や十二指腸、盲腸などの内臓で何らかの異常があった場合に起こることがあります。
例えば盲腸=虫垂炎の場合にも同じように背中に痛みが出る場合もあります。
また心筋梗塞や狭心症の場合にもみられることがあります。
そのため我慢できないほどの痛みが出ている場合には早めに病院へ行くことが必要になります。
早期発見することによって早期治療することが期待できます。
食べ過ぎが原因となっているとわかっている場合には、ほとんどの場合が胃などの消化器系の異常と考えられます。
暴飲暴食というのは身体にとっては負担となります。
食べ過ぎを防止して腹八分目で抑えることが大切だと言えます。

スポンサーリンク