食べ過ぎ 右向き 寝る

食べ過ぎて苦しいときは横を向いて寝る!オススメ改善方法

スポンサーリンク

美味しいものがたくさん出てくるとついつい食べ過ぎてしまいますよね!!
ただ食べ過ぎてしまった後はとても苦しい状態になってしまいます。
わかっているのに食べてしまう…。
私自身も毎週のように経験しています。
このお腹の苦しさを解消する方法を紹介しましょう。
苦しさの原因というのは胃もたれの症状がでるためと考えられます。
胃というのは空っぽの状態だとしぼんでいる状態ですが食べ物が入ってくると約20倍ほどに膨らむことが出来る器官になります。
胃が重くなることによっても膨満感が起こり、胃酸も多く分泌されることになりますので胃もたれや胸焼けなどの症状が起こります。
過剰摂取することによって食べ物が胃に長く滞在しますので苦しい状態となります。
この状態で軽いウォーキングなどによって胃腸の蠕動運動を促すことによって改善が期待できるのですが、苦しい状態で運動をすることは辛いですよね。
その場合には思い切って横になってしまいましょう。

スポンサーリンク

横になる姿勢が大事になります。
「右側を下にして右向きに寝る」ことが大切です。
胃というのは左に入口があり、右に流れ出ていくことになりますので右を向くことによって消化を促します。
そうすることによって症状を緩和させる効果を高めますので無理に身体を動かさずに横になりましょう。
あまりにも苦しい場合には寝ることによって起きた時には消化が終わって楽になっている場合もありますので思い切って寝てしまっても大丈夫です。
横になるときには「右向きに寝る」ことが大切です。
また半身浴も効果が期待できます。
半身浴などによって血行を高めることによって消化が促進されます。
腹痛を伴っているようであれば試してみましょう。
熱すぎる温度で入るのではなく体温よりも少し高い程度で半身浴をしましょう。
胃痛を伴っている場合には胃薬を飲むことも視野に入れましょう。
ただし胃薬にはさまざまな種類があり、自分に合った薬を選ばなければ症状が悪化することがあります。
どれを飲んでいいかわからない場合には総合胃腸薬を服用するといいかもしれません。
薬剤師に相談して選ぶようにして下さい。

スポンサーリンク