食べ過ぎ 口内炎 舌

食べ過ぎによって口内炎が舌に出来る原因と対処法について

スポンサーリンク

口内炎というのは読んで字のごとく口の中に炎症ができる状態のことを指します。
歯茎に出来れば歯肉炎、舌に出来れば舌炎、口角に出来れば口角炎、唇に出来れば口唇炎と呼ばれるようになります。
炎症はえぐれているような潰瘍、水が溜まる水疱になったりします。
食べ過ぎが原因になって起こることがあるのでしょうか??
これには偏った食事を摂っていることが原因になっていることがあります。
特に舌に出来るというのは、これが原因になると言われています。
野菜や果物などを食べずに肉や油物などを食べている場合にはビタミンが不足してしまうことになります。
ビタミンが不足するということは口内炎になりやすい状況になってしまいます。
そうなると口の中の免疫力がさがってしまう結果になります。
免疫力が下がってしまうということは細菌を増殖させるきっかけとなってしまうことがあります。
その場合に歯茎や舌、唇などに炎症がおこる原因となってしまうことがあります。

スポンサーリンク

詳しく説明していきましょう。
ビタミンB2が深く関係しています。
粘膜を保護するのに必要なのがビタミンB2になりますので不足してしまうと口の中だけでなく皮膚にも異常が出る場合があります。
そのためビタミン類を積極的に摂取していくことが必要と言えます。
チョコレートを過剰に摂取すると口内炎ができやすいと言ってる人は多くいますが、チョコレートを食べ過ぎることが直接の原因となっている可能性は低いですが食べている最中に口の中を噛んでしまい細菌が侵入することによって発症することがあります。
また上述したように口の中を清潔にしていないことが原因となって起こっている可能性があります。
またみかんを食べると出来やすいと感じませんか。
これは本当です。
食べ過ぎてしまうことによって口の中が酸性になります。
酸性の状態が続くと口の中の粘膜が傷ついてしまうことがあり、口内炎になりやすい状況になってしまいます。
このように食べ物を過剰摂取することによってできやすい状況になったり、偏った食事をしている場合にも出来やすい状況が整えられます。
バランスの良い食事や口の中を清潔に保つことが大切です。

スポンサーリンク