ゼラチン 食べ過ぎ 下痢

ゼラチンの食べ過ぎで下痢!実はタンパク質だった??

スポンサーリンク

ゼラチンというのはグミやゼリーなどに使用されているもので、もともとは動物などの皮や骨から作られており、コラーゲンに熱を加えることによって生成されています。
ゼラチンを摂取するということはコラーゲンを摂るということになりますので健康に良いとされています。
コラーゲンの効果については賛否両論あるところですが最近はその効果も見直され始めています。
しかし健康に良いものも食べ過ぎてしまうことによって下痢や吐き気などの症状が出ることがあります。
代表的な例としてはアレルギーであることが考えられます。
元々は動物の皮や骨などからできているタンパク質です。
上述したようにゼリーやグミ、ヨーグルトなどだけはなくベーコンやハムなどにも使用されています。
しかし過剰に摂取してしまうことによって腎臓に障害が出てしまうことがあります。
タンパク質を過剰に摂取すると腎臓がタンパク質の分解をするのが遅くなってしまい血中に尿素窒素が増えてしまうことになります。

スポンサーリンク

ニキビができやすくなったりすることもありますので注意が必要です。
アレルギー症状が出てしまうと吐き気や嘔吐、下痢、蕁麻疹などの症状も出ますので病院での検査が必要になります。
コラーゲンというのは簡単に説明すると肉や魚を料理したときにでる煮汁が固まったもの(煮こごり)のことを指します。
これを食べ過ぎるとどうでしょうか??
体には負担になることがあります。
またグミなどの人口の添加物を含んでいるものは胃なども荒らしてしまう恐れもありますので注意が必要です。
ただしゼラチンというのはさまざまなところで使用されおり、ワクチンに使用されていることもあります。
ジフテリア、百日咳、破傷風の3種混合ワクチンにもゼラチンが含まれています。
ワクチンの抗体によってアレルギー反応を起こすということです。
ゼラチンに対する抗体が出来てしまうというものです。
薬やサプリメントにも含まれている場合がありますのでアレルギーを持っている場合には注意しましょう。

スポンサーリンク