食べ過ぎ 下痢 痩せる

食べ過ぎてるのに痩せる原因は下痢!?その理由とは?

スポンサーリンク

食べても食べても太らない人はすぐにお腹を下して緩くなってしまうのではないでしょうか??
ガリガリで太れなくて困っているという人は意外と多いです。

 

その場合は消化不良が原因である可能性があります。
それはどのようなことが考えられるのかをお話していきましょう。

 

下痢によって痩せる場合には普段の食事が効果的に消化されていない場合があります。
通常、便は台帳の中で水分が吸収されますが何らかの原因によって水分を残してしまう場合があり、水分を残したままになると下痢になってしまいます。

 

消化不良は食べ過ぎのほかにもさまざまなことが考えられます。
早食いや夜食などをとることによって痩せすぎている場合は消化器系が弱いことが考えられますので十分に消化されない可能性があります。

スポンサーリンク

十分に消化されていないと栄養の吸収が不十分になるだけではなく食欲減退や体力低下、脱水症状のような症状が出てしまう恐れもありますので注意しましょう。

 

他にも原因となる要素はさまざまありますので一般的なものを紹介していきましょう。

 

冷たいものの飲み過ぎ、上記消化不良、ストレス、コーヒーや香辛料などの刺激物の過剰摂取、牛乳などの乳糖の過剰摂取、早食い、寝不足などによる体調不良、アルコールの飲み過ぎ、お腹が冷えた時、食中毒や有害なものを食べた時、ウイルスによるもの、薬の副作用、他の病気、などのようにさまざまなことが考えられます。

 

過敏性腸症候群などの体質などを持っていることによっていることもありますし、胃腸などの消化器官に疾患がある可能性もありますので症状が軽い場合でも慢性的に続いている場合には病院へ行き医師の診断を受けてみましょう。

 

なるべくお腹に優しいものを摂るように心がけましょう。
また下痢をしているとすいぶんが失われやすくなってますので脱水症状にも注意してください。
痩せる原因が下痢となってしまっている場合はあります。
あまりにもおかしいと思った場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク