グミ 食べ過ぎ 腹痛

グミの食べ過ぎによって腹痛!?その原因とは?

スポンサーリンク

グミというのはコラーゲンが多く含まれており、アンチエイジングや美肌効果があると言われとても人気のある商品です。
しかし食べ過ぎてしまうことによって身体に悪影響となることがあります。

 

今回は腹痛などの症状が現れる原因についてお話していきましょう。

 

上述したようにグミにはダイエットやよく噛むことによっての小顔効果などがあるとも言われています。
子供にとっても人気のおやつの一つであると言えます。
確かに美味しいですので食べ過ぎてしまうこともあるかと思います。
グミが低カロリーと言われていますが、糖分も多く含んでおりカロリーが高い商品もあります。
そのため次から次へと食べていると太る原因となってしまうことがありますので注意しましょう。

 

また、市販のものには人口の甘味料が使われていることもあり、下痢や腹痛などの症状が出ることもあるようです。
自然の中で生まれた天然の添加物であれば身体に良いものも存在します。
しかし人工的に合成された添加物の場合には悪影響を及ぼす可能性もあります。

スポンサーリンク

上記のように糖分が多く含まれていますので腸に入った際に悪玉菌が繁殖することにもなる可能性が考えられます。
この場合には便秘になってしまう恐れがあります。
便秘になってしまうと腹痛などの症状が現れます。

 

また食べ過ぎることによって腸の中で乾燥し固くなってしまうことがあります。
その場合には便が固くなってしまいひどい場合には自力で便を排出することが出来なくなってしまうこともあると言われています。

 

グミというのはゼラチン、糖分、果糖によって作られていることがほとんどです。
ゼラチン自体はコラーゲンが含まれていたり、低カロリーということもあってダイエットに向いていると言えます。
しかし糖分が多く含まれていますので虫歯の原因となったり、肥満や生活習慣病などのリスクも高まります。

 

他にもゼラチンによってアレルギー反応が出ているかもしれませんので蕁麻疹などの症状を伴っている場合には食べるのをやめましょう。
同様に日にちが経って賞味期限が切れてしまっているものは食あたりになる可能性がありますので避けるようにしましょう。

スポンサーリンク