食べ過ぎ 下痢 太らない 原因

食べ過ぎても下痢をしてしまう…太らない原因とは!?

スポンサーリンク

フードファイターなどに代表される痩せの大食い。
有名な女性の方のようにあれだけ食べても太らない体質の人は意外と多いです。
しかも筋肉質ならわかるのですが痩せている人でもいますよね!!

 

しかし実際には太れないと嘆いている人もいますので、その原因についてお話していきましょう。
これには消化器官で何らかの理由があると考えられています。
消化器官に付いている食べ物や血液などの移動を徴してしてくれるストッパーの役割をしている弁が付いており、その弁がきつくなっているのが通常です。
しかし痩せの大食いの人はストッパーの役割を果たせずに食べ物が消化器官を早く通過してしまうことになります。
早く通過してしまうことによって消化、吸収が出来にくくなってしまっています。
そのため消化不良を起こし下痢などの症状とともに排出されてしまう結果になります。

 

また基礎代謝が高い人は太りにくい体質である場合が多いです。
基礎代謝というのは通常の生活の中で失われていくエネルギーのことで、遺伝的に高いという人が多いと言われています。

スポンサーリンク

基礎代謝が高いだけでなく日常的に運動量が多い仕事やスポーツなどをしている人も同様に多くのエネルギーを消費しますので太らない体質になると言えます。

 

他にも年齢によっても太りやすい時期というのが存在すると言われています。
若いころは痩せていたのに歳を重ねるにつれて体重が増加するという人もいますので時期や年齢なども影響しているでしょう。

 

下痢を伴っている場合には消化不良を起こしていることが原因と考えられます。
この場合には早食いやドカ食い、下痢になりやすい食べ物を食べ過ぎてしまうことによっても起こることがあります。
下痢が続いている場合には食事を改善してみましょう。

 

ストレスや生活習慣の乱れが悪影響していることもありますので生活習慣を見直すことも大切です。
ただしあまりにも症状が改善されない場合には他の病気が隠れている場合もありますのでおかしいと感じた場合には病院へ行き医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク