食べ過ぎ 下痢 太らない 理由

食べ過ぎても太らない理由は下痢!

スポンサーリンク

「食べ過ぎていると思うほど食べているのに全然太らない!」と感じている人は意外に多いのではないでしょうか。
最近では若い男性に多くみられる傾向にあります。
これにはいくつかの理由が考えられますのでお話していきましょう。

 

下痢の症状が出ている場合には「消化不良」であると考えられます。
食べ物は口から入り、胃で消化されドロドロに溶かされて十二指腸へ送られ栄養素を吸収しながら大腸へ送られ水分を吸収し便として排出されます。
その過程で水分が残ってしまうことによって下痢となります。
日々の生活の中で下痢が多いと下痢が多いという場合には消化不良が原因となっていることが多いです。

 

これには食べ方によっても起こることがあります。
食べ過ぎによってもなることがありますし、早食いやドカ食いをすることによって消化不良を起こすこともあります。
他にも就寝前の食事、冷たすぎる食べ物や飲み物、香辛料などの刺激物などを過剰に摂取することによっても起こることがあります。

スポンサーリンク

太らない場合には上記のようなことは避け、胃腸に負担がかからない食べ方や食べ物を選ぶようにすることが大切です。
特に海藻類、キノコ類などに多く含まれる食物繊維、アルコール、唐辛子などの胃に負担がかかる刺激のあるもの、腸内で発酵しやすい豆類やかぼちゃなども避けるようにしましょう。

 

お腹にやさしい食べ物も紹介しておきましょう。
代表的なものはおかゆやうどん、鳥のささみ、白身魚などは消化に良い食べ物です。
下痢が続いている場合にはタンパク質をとるようにしましょう。
タンパク質には便を固くする作用があると言われています。
太らない理由というのは、他にも病気である可能性も否定はできません。

 

過敏性症候群などの体質の人は胃腸に異常が出ずに何らかの症状だけという場合もあります。
過敏性腸症候群の原因はストレスや生活習慣の乱れなどと言われています。
いすれにしても食べ過ぎというのはよくありません。
腹八分目を心がけ、バランスよく食べるようにしましょう。

スポンサーリンク