食べ過ぎ 吐き気 唾液

食べ過ぎで唾液の量が増えた…さらに吐き気も?その原因とは!?

スポンサーリンク

食べ物を食べ過ぎてしまうことによって唾液が増えたり、吐き気の症状が出ることがあるのでしょうか??
この原因にはいくつかのことが関係していますのでお話していきましょう。

 

まず唾液とともに吐き気が起きているということは「胃」に何らかの異常が出ていると考えられます。
胃の中で消化不良が起こっていると唾液の量が増えることがあります。
また胃下垂が起こっている可能性もあります。
胃海水とは胃が冷えてしまうなどの状態になると胃が下に落ちてしまうというものです。
他にも早食いやドカ食いなどをすると起こることがあります。
食べ過ぎてしまうことによって胃の中で重くなりすぎて胃が垂れ下がってしまうというものです。
コーヒーなどの身体を冷やすものを飲んだり食べたりすることによって胃が冷えてしまうことがありますので注意が必要です。

 

食べ方や食べ物が原因となって起こっている場合には食生活を改善していきましょう。
体を温める温性の生姜やネギ、鰹節などを積極的に食べましょう。

スポンサーリンク

他には「つわり」である可能性があります。
また妊娠している場合には唾液の量が増える唾液過多症になってしまうことがあります。
妊娠によるホルモンバランスの崩れや消化機能が低下することによって多く出る場合があります。
あまりに水分が多く出ていると感じる場合には脱水症状にならないように注意しましょう。

 

自律神経が乱れている場合にも量が多くなることがあります。
ストレスや生活主幹の乱れなどによって自律神経が乱れることが原因となっています。
そのため規則正しい生活を心がけましょう。
食生活も大切ですのでバランスの良い食事を心がけてください。

 

ただし吐き気や嘔吐などの症状が伴っている場合には注意が必要です。
吐き気や嘔吐というのは食中毒などのその他の病気の可能性も疑われますので、症状が続く場合には病院へ行きましょう。
その場合には内科、もしくは口腔外科などを受診するようにしましょう。

スポンサーリンク