離乳食 食べ過ぎ 下痢

離乳食の食べ過ぎで下痢をすることがある??対処方法とは!?

スポンサーリンク

赤ちゃんの便というのは通常でも柔らかいことがほとんどです。
その理由は腸が未発達のため、消化不良で柔らかいものが出てきてしまいます。
回数も大人よりも多く生後1,2か月程の期間は1日に5回以上の便を出します。
また母乳だとより柔らかくなる傾向がありますので問題はないと言えます。

 

しかし離乳食を食べ始めてから下痢になることがあるのでしょうか??

 

これにはいくつかの原因が考えられますのでお話していきましょう。
「離乳食を食べ過ぎてしまうことによって起こる」
上述したように腸が未発達ですので下痢をしてしまうことが多々あります。
特にサツマイモ、カボチャなどの食物繊維、糖分、乳製品などが原因となっていることが考えられます。
また大人でも同じですが冷たすぎるものを食べ過ぎたり飲み過ぎることによっても起こります。
この場合には食べ物の種類を変えてみたり離乳食の種類や段階を一つ戻してみましょう。
ミルクなどに戻してあげてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

腸が未発達ですので消化に良いものを与えるようにしましょう。

 

「ウイルスや細菌が原因になる」
特に風邪、インフルエンザなどのウイルスには感染しやすいと考えられますので、それが原因となっている場合があります。
ロタウイルスなどのウイルスでも同様です。
この場合には小児科を受診することが大切です。

 

「アレルギーが疑われる場合」
食べ物にアレルギーがある場合にはアレルギー反応によって下痢などの症状が起こる場合があります。
その場合には病院で検査を行いましょう。

 

何らかの異常を見極めるには機嫌をうかがってみましょう。
下痢をしていても機嫌がよく食欲もある場合にはただの消化不良であることもあります。
食欲がある場合には食べられる量を食べさせてみましょう。
通常の便に戻るかもしれません。
食べ過ぎていると感じていても成長の過程で量が増えているだけかもしれません。
ただし食力がなかったり水分を飲まなかったりする場合には注意が必要です。
その場合には病院を受診しましょう。

スポンサーリンク