食べ過ぎ 吐き気 寝る向き

食べ過ぎによる吐き気の際は寝る向きは右側??左側?仰向けうつ伏せ??

スポンサーリンク

食べ過ぎによって食後に気持ちが悪くなるのは多くの人が経験していることではないのでしょうか??
友人との食事会や家族との食事、楽しかったり美味しかったりするとついつい食べてしまいますよね!!
気持ち悪くなってしまうと横になりたいと思いますが身体の向きは右と左はどちらが正しいのかをご存知ですか。
吐き気を伴っている際の寝る向きについて詳しく解説していきましょう。
胃の入口と出口の場所や形状が関係してきます。
横になる際には通常の形状の場合は右向きになって寝るのが正解です。
左でもうつ伏せ、仰向けでもなく「右」に向きましょう。
胃の中の食べ物は左から右へ流れていきますので右向きになることによってスムーズに消化が行われるようになります。
胃の入口の噴門部は身体の左側で出口の幽門部は右側にあたります。
左から右に食べ物は流れていきますので左側を向くということは出口から入口へ流れてしまいます。
そうなるとスムーズに食べ物が十二指腸へと出ていくことができなくなってしまいますので胃の中に食べ物が残ってしまうことがあります。

スポンサーリンク

消化を促進させる寝る向きは「右向き」になります。
吐き気を伴っているときには実践してみましょう。
ただしこれに該当しない人もいます。
逆流性食道炎のような病気や胃の形が瀑状胃の人は注意してください。
こちらの人は左側を向いて寝ることがいいと言われています。
右を向いてしまうことにより胃の入口も下を向いてしまい、胃の中の食べ物が食道に流れ出て逆流してしまい、食道が炎症を起こしてしまうことがあります。
このようなに逆流しやすい人は左を向いて寝ることを薦められています。
食後すぐに寝ると豚になるなどと昔から言われています。
しかし食後に寝ることは消化を促進し、エネルギーとして消費されて体脂肪が作られにくいという効果もあります。
この場合は熟睡するというよりは昼休みに30分寝るのが効果的と言われていますので注意してください。
食べては寝るという行為を繰り返すと肥満の原因となることがありますので注意しましょう。

スポンサーリンク