食べ過ぎ 吐く 対処

食べ過ぎで吐く際の効果的な対処方法とは!?

スポンサーリンク

正月は仕事も休みということでついつい量を考えずに食べてしまったり、飲み過ぎてしまうといったことはありますよね!
正月に限ったことではないのですが食べ過ぎによる辛い吐き気の対処方法を紹介していきましょう。
吐くというのは食べ物が食道を逆流して起こります。
通常は食道を通り胃に入ってから十二指腸へ流れていき、その動きは筋肉の働きによって行われています。
食べ過ぎることによって大量に食べ物が胃に入っていきます。
大量に食べ物が入ることによって胃酸も大量に出てしまいますので胃の中は胃酸過多になっていきます。
そうなると胃粘膜が炎症を起こしてしまいます。
これがすべての原因となるわけではないのですがこのようなことが起こることによって筋肉の運動が逆に働くことによって胃酸や食べ物が逆流し吐き気や嘔吐のような症状を起こします。
その時にはどのような対処をとればいいのでしょうか??
そこをお話していきましょう。
「まずは身体を楽な姿勢にしましょう」

スポンサーリンク

できる限り自分の好きな体勢が好ましいです。
横になることではなく楽な姿勢をとるようにしてください。
「横になる場合は身体を右へ向けましょう」
右側を下にして横になることによって消化促進の効果が期待できます。
「ミントのガムやタブレットを噛みましょう」
ミントの味や匂いが吐き気を抑えるのに効果があると言われています。
ただし匂いがきつすぎるような場合は逆に吐き気や嘔吐を誘発してしまう恐れもありますので注意してください。
「胃腸薬を飲みましょう」
あまりにも症状が改善しない場合は胃腸薬で対処しましょう。
ドラッグストアでも販売されています。
ただしこの方法は用法用量を守って使用してください。
このような対処法をとれば吐き気の緩和が期待できます。
食べ過ぎ、飲み過ぎには十分注意して美味しいものを楽しく食べられるようにしましょう。
あまりにも吐き気や嘔吐が激しい場合には病院へ行きましょう。
医師の診断による処方が一番の薬となります。

スポンサーリンク