食べ過ぎ 胃痛 眠れない

食べ過ぎによる胃痛で眠れない…その原因と改善方法とは!?

スポンサーリンク

食べて過ぎてしまうことによって辛い胃痛に見舞われてしまうということは誰にでも経験があると思います。
夜ごはんに外食をした際に食べ放題だったりすると余計に食べてしまうことがありますよね。
寝る前に胃痛が起きてしまうと吐き気だったり胃が痛くて眠れなくなってしまうこともしばしば。
その場合はどのような原因でどのような対処をとればいいのかを紹介していきたいと思います。
過剰摂取によって食べ物が胃に入ります。
大量にはいることによって胃酸も大量に分泌されます。
そのことによって胃の粘膜が炎症を起こし胃痛が起こります。
さらには胃酸過多によって逆流し吐き気や胸焼けが起こりやすくなり、消化不良によって胃の中には食べ物が残ってしまい胃もたれの症状も出てしまいます。
そのような状態になってしまうと胃もたれや吐き気、他にも嘔吐、便秘、下痢などの症状を引き起こしてしまいます。
この症状があると夜は眠れない状態になってしまうと思います。
その改善方法を紹介していきます。
自分の楽な体勢をとるようにしましょう。
寝てもいいですしソファーに腰掛けるでも自分の好きな体勢が一番です。
横になって寝転ぶ場合には右側を向いて横になりましょう。

スポンサーリンク

温湿布をお腹に貼ってみましょう。
お腹を温めるのも効果が期待できます。
温かい飲み物を飲みましょう。
温かい牛乳を飲むことによって安眠効果が期待できます。
その際にはコーヒーなどのカフェインが含まれているものは避けるようにしてください。
腹式呼吸をしてみましょう。
ゆっくりしたリズムで大きく行うようにするとより一層の効果が期待できます。
胃薬を飲むのもいいですが、その場合は注意が必要となります。
胃酸過多や消化不良などの症状によっても薬が違ってきます。
薬剤師や医師に相談し、適切な薬を選ぶようにしましょう。
胃が弱いと感じる人は刺激物は避け、コーヒーやアルコール、たばこなどは控えましょう。
胃痛によって眠れないのは辛い症状です。
食べ過ぎないように注意すれば予防になりますので注意して食事するようにしましょう。

スポンサーリンク