食べ過ぎ腹痛 治し方

食べ過ぎによる腹痛…オススメの治し方を紹介します!

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまった際にはお腹を壊してしまい下痢になってしまうといった経験は多くの人が経験していると思います。
これは人によって個人差もありますが夜ご飯を多くとってしまいすぎたために眠れないような痛みが出るといったことが多いです。
食べた物によっても変わりますが、消化の悪いものばかり食べていると腹痛といった症状に見舞われてしまうことが悩まされており、その症状が続く時間も消化の悪いもののほうが長く続いてしまう傾向にあります。
タンパク質や肉類などの過剰摂取に注意しましょう。
このセットは同時に食べてしまうと余計に消化が悪くなります。
それでは食べ過ぎによる腹痛の治し方を紹介していきましょう。
お腹を反時計回りにやさしく撫でましょう。
お腹の痛みを効果的に和らげる方法です。
楽な体勢を取るようにしてください。
この場合は横になることが正解ではありません。
自分の楽な体勢というのが正解で、横によって寝る体勢をとってしまうと痛みが強くなってしまう恐れもありますので痛くないような楽な体勢を取ることが大切です。

スポンサーリンク

カフェインの取りすぎには注意してください。
コーヒーに含まれているカフェインは胃が荒れてしまうことがあるため、やめておきましょう。
生姜湯やバナナを食べることも有効です。
生姜には胃の活動を促進させる効果があり、荒れも治してくれます。
バナナは腹痛が治った後に食べるのが効果的でペクチンという成分が腸の中を清掃してくれます。
どうしても食べ過ぎてしまうという人はよく噛んで食べましょう。
一口で20回以上噛むことを意識してください。
よく噛むことによって満腹中枢が刺激されますのでいつもより少ない量でお腹いっぱいに出来るようになります。
腹痛がひどいような場合には水分補給も忘れないようにしましょう。
下痢による脱水症状も考えられますので注意が必要です。
過剰摂取による腹痛は根本的に量を減らすことによって改善できます。
このような対処法を試してみてください!

スポンサーリンク