ピーナッツ 食べ過ぎ 下痢

ピーナッツの食べ過ぎによって下痢??その原因とは??

スポンサーリンク

健康に良いとされている「ピーナッツ」ですが食べ方によっては健康を害してしまう恐れがあります。
それはどのようなことが考えられるでしょうか?
健康に良いとされていることにも触れながらお話していきましょう。
ピーナッツの半分は脂肪からできています!
これを聞くと肥満の原因となるのではないかと思う人が多いと思いますが、一般的に太る原因となる脂肪は動物性の脂肪です。
この場合の脂肪は植物性の物になっています。
血中の悪玉コレステロールを下げて動脈硬化などを予防してくれる効果の期待されているオレイン酸・リノール酸です。
ただの脂肪ではなく良質な脂肪となっています。
そして「ナイアシン」と呼ばれる成分も含んでおり、アセトアルデヒドを分解して肝臓を助ける効果もあります。
アセトアルデヒドとは二日酔いの原因となるものでお酒を飲んだ次の日などに出る余計な物質です。
お酒と一緒にピーナッツを食べるというのはこういった効果もあります。

スポンサーリンク

ビタミンEも含まれていて抗酸化作用があり老化防止の効果も期待できますし、レシチンと呼ばれる成分は記憶力が上がる効果も期待できます。
このように素晴らしい能力をもった食材なのですが食べ過ぎることによってどのような影響をもたらしてしまうのでしょうか。
ピーナッツは基本的にはカロリーは高いです。
肥満の原因となってしまうことがあり、皮には「タンニン」という成分が含まれています。
タンニンは腸の働きを弱くしてしまいます。
働きが悪くなることによって便秘になってしまうことがあります。
またピーナッツに含まれているビタミンは消化吸収率がよくないために消化不良を起こしてしまう可能性があります。
その際には胃腸が弱い人ですと腹痛や下痢という症状が出てしまう場合がありますので注意してください。
あまりにも症状がひどいような場合にはアレルギーということも考えられます。
その際は病院へ行けば検査によってわかりますので病院へ行きましょう。
このようなことに気を付けて食べ過ぎなければ健康に良い食品ですので適切な量を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク