食べ過ぎ 下痢 薬

食べ過ぎによる下痢を治す市販薬はどれ!?

スポンサーリンク

食べ過ぎによって引き起こされる下痢は多くの人が経験していると思います。
その症状を緩和する際の薬を紹介していきましょう。
今現在はドラッグストアなどでも市販の薬は多く販売されています。
都心部ですと夜遅くまで営業していたりと大変便利になっていますし、病院が空いていない時間帯に薬が買えるのはとてもうれしいことですね!!
ただしセルフチェックによる自己診断は危険となることもありますので注意しましょう。
特に下痢の場合はさまざまな病気によって引き起こされます。
市販薬を服用することによって症状が悪化したり危険な場合もありますので注意してください。
食べ過ぎが原因となるものに効果があると言われているのは「ビオフェルミン止瀉薬」「エクトール赤玉」「ストッパEX」などが代表的なものになります。
過敏性症候群にも効果があるとされています。
ストレスや緊張、生理周期、冷え性からくるものには「ロペラマックサット」「トメダイン」などがあります。

スポンサーリンク

腸内を殺菌してくれるものは「正露丸」「セイロガン糖衣錠」「エクトール」「エクトール赤玉」「ビオフェルミン下痢止め」があり、これは食あたりなどの場合に使用します。
大腸菌やブドウ球菌などの細菌を殺菌し腸内の異常酵素を抑える働きがあります。
何度も言うようですが高熱や嘔吐、下痢などの症状が伴っている場合には使用は避けてください。
感染型の胃腸炎などの場合は腸の中の細菌を出すような働きが下痢にはあります。
それを止めてしまうことによって有害なものを体内に閉じ込めてしまうことになります。
このような危険性もあるので使用する際には病院へ相談するか、ドラッグストアの薬剤師へ相談するようにしましょう。
下痢になってしまった際は安静にして過ごしてください。
食事も様子を見て控えてみましょう。
下痢や嘔吐の際には脱水症状になってしまう恐れもありますので水分ほきゅは忘れないようにしてください。
水分を受け付けないような時には悪化している可能性もありますのですぐに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク