食べ過ぎ 便意 下痢

食べ過ぎによってすぐに便意が来て下痢になってしまうのはなぜですか??

スポンサーリンク

食べ過ぎた後にすぐに便意が出て下痢になってしまう場合にはトイレを探さなくてはならないし、とても大変ですよね!!
その原因と対処方法についてお話していきましょう。
ただこの症状は正常な反応ともいえます。
胃の中に食べ斧が入ることによって腸が反応して動き出します。
胃・大腸の反射と言って健康なひとであれば誰にでも起こる働きです。
過敏性症候群にかかっていると胃・大腸反射が過剰に反応し下痢になってしまうことが多くあります。
腸のぜん動運動が激しくなって便の形が形成される前に肛門に運ばれてしまいますので下痢として出てきます。
お腹いっぱいまで食べるとお腹が緩くなるというのも同じことが言え、胃・大腸反射の影響を受けていると言えます。
このことを意識しすぎてしまうと逆にストレスになってしまってこのような状態になってしまう場合があります。

スポンサーリンク

食べるとトイレに行きたくなるのがストレスになり、いつもこのようなことが起こると思い込みトラウマになってしまい、食後にストレスを感じるようになり下痢をしてしまうようになることがあります。
人によっては一度でもこのようなことがあるとトラウマとなってしまって、余計に考えて満腹にならないように、腹八分目まで、というように考えてしまうようになります。
できる限り考えないようにしましょう。
腸への刺激が原因となる場合もあります。
上記に書いたように過敏性症候群の可能性も十分に考えられます。
満腹になっただけでも、この場合は腸が刺激を受けやすいので腸が激しく動いてしまい下痢や腹痛と伴う場合もあります。
以上のことからその対策方法は「トイレのことを気にしない」「一気に食べない」「善玉菌を増やす」ことが重要になります。
善玉菌を増やすというのは過敏性症候群やストレスを抱えてる人、不健康な人は町内のバランスが崩れて悪玉菌が多くなっています。
乳酸菌を摂るようにして善玉菌を増やしましょう。
そしてゆっくり食べて腸が反応しないようにすることも大切です。
やはり食事は食べ過ぎないようにして適切な量を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク