食べ過ぎ 頻尿 原因

食べ過ぎによって頻尿の原因は食の欧米化?そのわけとは!?

スポンサーリンク

夜、トイレに起きてしまったり外出先でトイレを探してしまうといった頻尿でお悩みの人は意外と多いのではないでしょうか。
尿を作るのは腎臓です。
当たり前のように尿は水分ですのでたくさんの水を飲むことによって尿の回数も増えます。
膀胱の容量は通常200cc〜300ccと言われています。
そのうち150ccたまると軽い尿意になって現れ、250ccたまると強い尿意になります。
一般的に一日にする回数は日中に4〜5回、夜は0〜2回となっていますがこれはあくまでも平均的な数字で人によって異なります。
最近では職の欧米化が進んでいることもあり、中高年層だけではなく若年層にも多くみられるようになりました。
その原因は膀胱や前立腺などの泌尿器系の臓器に異常がある場合に起こるものと原因となる病気がないのに起こるものの2つのパターンがあります。
食べ過ぎによるものは病気ではなくなんの原因もないと考えられます。
これは食の欧米化が深く関係しています。

スポンサーリンク

「トランス脂肪酸」が原因となっている可能性があります。
トランス脂肪酸が踏まれている食品はパン、ドーナツ、プライドポテト、チョコレート、ケーキ、アイスなどが挙げられます。
そしてこれらのものは加工する際の工程で生まれます。
常温で液体の植物油や魚油から半固形もしくは固形の油脂を作る際の水素添加と呼ばれる加工技術によってトランス脂肪酸が生成されます。
トランス脂肪酸を含んでるものを食べ過ぎてしまうと頻尿になりやすくなります。
若い人でも子供のころから食べている人が多いので若い層に増えているのはこのためです。
他にもコーヒーやお茶に含まれているカフェインの摂り過ぎによって排尿の回数が増えるということもあります。
カフェインは利尿作用が高いと言われていますので飲み過ぎには注意しましょう。
このように頻尿を誘発してしまうものはありますので食べ過ぎには注意してください。
水分の摂りすぎだけによるものもありますので意識してチェックしてみましょう。
あまりにもひどいような場合は病院を受診しましょう。

スポンサーリンク