チョコ 食べ過ぎ 頭痛 吐き気

チョコレートの食べ過ぎで頭痛や吐き気?その原因は成分にある??

スポンサーリンク

チョコレートは老若男女問わず誰もが子供の頃から食べていたことでしょう。
3時のおやつには欠かせないものとなっていますよね!!
ケーキやアイスなどにも使われていて幅広く使用されています。
そのチョコレートの食べ過ぎによって頭痛や吐き気が出てしまう場合があります。
カカオやポリフェノールという成分によって美容と健康などに効果があるとメディアなどでは取り上げられている一方でデメリットも存在しています。
「チラミン」「デオブロミン」という二つの成分によって頭痛や吐き気を起こしてしまうことがあります。
チラミンを食べ過ぎてしまうと血管の収縮が起こります。
血管収縮がおさまるとその反動によって急激に血管が膨張し、その結果として頭痛という症状となって現れます。
テオブロミンはカフェインと同様に眠気をなくす効果や大脳を刺激して記憶力や集中力を高めてくれる効果がある反面、食べ過ぎてしまうとこのような症状を起こす場合もあります。

スポンサーリンク

「カカオ」にはカフェインが含まれており、カフェインにも解熱作用や鎮痛作用、眠気防止作用、などの効果が期待できますがデメリットもあります。
過剰摂取によって焦燥感や神経過敏、吐き気、胃痛、不眠などの症状が出てしまうことがありますので過剰摂取には注意しましょう。
「砂糖」の取り過ぎによっても良くない症状が出てしまう場合があります。
眠気、不安感や頭痛、動悸、無気力などの症状が出てしまう人もいるそうです。
チョコレートは依存性も強く、砂糖によって依存してしまう危険性もあります。
依存症になってしまっている場合には食べるのを我慢してみましょう。
我慢できないようなイライラや疲労感が出てきてしまった場合には依存症の可能性がありますので注意しましょう。
チョコレートは適度に食べるだけなら健康に良いとも言われています。
しかし食べ過ぎには落とし穴があるというのがわかっていただけたと思います。
健康に気を付けて美味しく食べるのが良いですね!

スポンサーリンク