食べ過ぎ 息苦しい 原因

食べ過ぎによって息苦しい場合の原因と対処方法とは!?

スポンサーリンク

ご飯を食べた後に息苦しくなることってありませんか??
ついつい美味しいものを前にすると食べ過ぎてしまうことは誰にでもあると思います。

 

それはどのようなことが原因で起こるのでしょうか??

 

その原因と対処法について紹介していきたいと思います。

 

食事を取り終わると血圧は上がります。
早食いや炭水化物を最初に食べてしまうと血糖値が上がってしまいます。
その際に血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。

 

インスリンが分泌された後は血糖値が下がりますので下がりすぎないように制御するホルモンが分泌されます。
その結果として交感神経が刺激され、動機や息切れなどの症状が現れます。

 

この際に動悸に関しては不整脈などが原因となっている場合もありますので注意してください。
おかしいと感じた場合にはすぐに病院へ行くようにしましょう。

 

どのような対処をすればいいのでしょうか??

スポンサーリンク

「血糖値の急な上昇を抑えるようにしましょう。」
炭水化物が原因となって血糖値が上がってしまいますので最初に食べるのではなく途中や最後に食べるようにしましょう。

 

「早く食べることはやめましょう」
早く食べてしまうと血圧は上昇しやすくなりますし、ゆっくり食べることによって満腹中枢が刺激されて少ない量でお腹いっぱいになります。
食べ過ぎを防止するのにも役に立ちますし、ダイエット効果もありますのでよく噛んで食べるように意識しましょう。

 

このように食べ物を食べる順番を変えるだけでも効果はありますし、食事の方法を変えることによっても改善されます。

 

また、食べ過ぎによって息苦しかったり胃痛があるような場合には楽な体勢を取るのが一番です。
横になることでも良いですし、椅子に寄りかかるでも好きな体勢になりましょう。

 

胃痛がするような場合はお腹を温めるのも有効です。

 

市販の総合胃腸薬などを飲むことも胃痛の緩和効果が期待できますので飲みましょう。
市販薬を服用する際には用法用量を守って飲むようにしてください。

スポンサーリンク