食べ過ぎ 下剤 効果

食べ過ぎてしまったので下剤を飲むことってダイエット効果ありますか??

スポンサーリンク

女性の人が大抵の場合、考えているであろう体重を減らすというダイエット。
そのなかでも危険なのが多く食べたからと言って下剤を飲むことはやめておきましょう。
どのような危険が存在しているのかを説明していきましょう。
食べることが大好きで毎日のように外食をして食べ歩いているというような人は罪悪感にさいなまれてしまう場合があります。
しかし体形はキープしつつ、なおかつ痩せたいと思っている場合に下剤を飲んで吸収されないうちに出してしまうことによって太らないと思う人もいることでしょう。
下剤も薬ですので副作用は存在します。
この薬の本来の使用目的は腸を刺激することによって便を柔らかくして排泄を促すという効果があります。
便秘の際に飲むものですが便秘の大元を絶つような薬ではありません。
もちろん常時使用することによって身体には耐性というものが付きます。
その場合どんどん量を増やさなければ効き目が無くなってきます。
精神的にも食べたら飲まなくてはいけないというような状況になりかねませんので注意してください。
そのうちに腸の動きが悪くなったり体調不良に陥ってしまいます。

スポンサーリンク

このようなケースは何か月も使用して、なおかつ既定の量を超えてしまっている場合に起こります。
身体にはどのような影響が出てしまっているのでしょうか??
まずは常に脱水症状になってしまっている恐れがあります。
常に二日酔いの状態と考えてもらえればわかりやすいかと思います。
栄養素のミネラルが不足します。
ミネラルは骨や筋肉を作っている重要な栄養素です。
過度に不足してしまうと低血圧、不整脈骨粗相症などの病気になってしまいます。
このようなことからダイエット効果はないと考えましょう。
食べ過ぎてしまった際に、どうしても下痢や嘔吐で出したいという場合には医師に相談するようにしましょう。
しかしそのような方法は危険です。
運動などによってエネルギーを消費すれば食べた物を消費できますので適度な運動や食事を改善しながらダイエットをするようにしましょう。

スポンサーリンク