お昼 ランチ 食べ過ぎ 対処

お昼(ランチ)を食べ過ぎてしまった場合の簡単対処法

スポンサーリンク

お昼ご飯を食べ過ぎてしまった場合の対処方法を紹介する前にランチを食べる量に関してお話しさせていただきます。
まずお昼を食べる量というのは一日で一番多く食べるとダイエット効果があると言われています。
その黄金比はコチラになります。

 

 

【朝3:昼4:夜3】
3:4:3で食べることがダイエット効果があると言われています。
なぜなら朝は少量、昼をいっぱい食べて夜を少なくするためにこの割合となります。
夜に食べることは脂肪になりやすいですので昼にお腹いっぱいにして夜は少なめにするということが好ましいです。

 

【しかし食べ過ぎてしまった!】
どうしてもお腹が空いていると食べ過ぎてしまうことがあると思います。
ダイエット的に考えるのであれば昼に食べることは間違っていません。
しかし許容範囲を超えて食べることによって胃もたれや胸焼けなどの症状が引き起こされてしまうこともあります。
そのため食べ過ぎないようにすることも大切です。

 

【食べ過ぎないようにするためには…】

・ゆっくりと食べる
・良く噛んで食べる
・ながら食いはやめる
・腹八分目に抑える

スポンサーリンク

この4つに尽きると思います。
食べる際にドカ食いや早食いになってしまっている場合には胃の許容範囲を超えた量を食べてしまうことになります。
これは満腹中枢が刺激されないからです。
ゆっくりと良く噛んで食べることによって満腹中枢を刺激することが出来ます。
またアルコールと同時に食べるとおつまみなどの量も増えてしまいがちです。

 

【対処方法】
食べ過ぎてしまった場合の対処方法の一番は運動をすることです。
運動によって消費してしまえば脂肪になることはありません。
脂肪になるまでには2日間かかると言われています。
そのため2日以内に対処する必要があります。

 

2日間は食事の量を減らす、野菜中心の生活にするなどの対処も行いましょう。
また思い切って断食してしまうのも一つの手です。
ただし断食をし過ぎるのも身体には負担となってしまいますので18時間ほどを目安に行いましょう。

 

【まとめ】
ランチを食べ過ぎてしまった場合の対処方法はこのようなものになります。
やはり食べる最中からゆっくりと食べて腹八分目にすることが重要です。

 

一番の対処方法は運動になります。
しっかりと運動を行えば体重を維持できるだけでなく痩せることにもつながります。
お昼に食べる量が多すぎた場合には夜ご飯は少なめに食べましょう。

スポンサーリンク