チョコ 食べ過ぎ 動悸

チョコの食べ過ぎに注意/動悸が起こる場合があります

スポンサーリンク

チョコレートはとってもおいしいですよね。
しかし食べ過ぎてしまうと身体には負担になってしまうことがあります。
チョコの食べ過ぎによって動悸が起こることがあるのでしょうか?

 

【チョコレートとは!?】
カカオの種子を発酵、焙煎したカカオマスに砂糖やココアバターなどを混ぜて固めたもののことを指します。
現在では多くの人に食べらており、甘いお菓子ではもっともポピュラーなものではないでしょうか。
ちなみに日本のチョコの消費の4分の1はバレンタインデーに消費されているようです。

 

「さまざまな栄養素が含まれている!」
チョコレートにはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラル分を多く含んでいる食品になります。
食べることに関しては多くの学説があります。

 

アレルギーを抑える、がんや動脈硬化などの病気のリスクを下げる、悪玉コレステロールを防ぐなどの効果にも注目されています。
またリラックス効果やストレス解消などの効果もあると言われています。

スポンサーリンク

【しかし食べ過ぎると動悸が起こる!】
この原因はデオブロミンとカフェインの影響によるところが大きいです。
この2つには中核神経興奮作用、利尿作用、心筋興奮作用、気管支拡張作用などがあります。

 

これらの作用によって動悸や息苦しい作用が起こる場合があります。
特にカフェインで動悸が起こるというのは有名な話だと思います。
動悸の他にも不眠、利尿作用、骨を弱くする、頭痛、血圧上昇などの症状が起こる場合もあります。

 

【適度に摂取すことが重要】
デオブロミンもカフェインも適度に摂取することは身体に良い側面もあります。
リラックス効果や集中効果なども得ることが出来ると言われています。
適度に食べることは良いかもしれません。

 

【まとめ】
チョコだけでなくどの食品にも言えることですが食べ過ぎは良くありません。
胃もたれや胸焼けなどの症状の他にも動悸などの症状が起こる場合もあります。
多くの場合は自然に収まることがほとんどですがあまりにもおさまらない場合には病院で医師に相談しましょう。

スポンサーリンク