食べ過ぎ 消化不良 原因 痩せる

食べ過ぎによって消化不良が起こる原因/痩せる?太る?

スポンサーリンク

不規則な生活や暴飲暴食などによって起こるのが胃腸の不調。
時には消化不良となってしまい下痢などの症状を引き起こすこともあります。
その原因と症状についてお話していきましょう。

 

【消化不良を起こす原因】

 

「偏った食事」
ファーストフードや加熱処理された物など偏った食事になっている場合には消化を促進、助ける酵素を取り入れる機会がありません。
そのため消化に負担がかかり消化不良の原因となってしまうことがあります。
特に肉や魚などを加熱処理した場合の脂肪分というのは消化に負担がかかりやすいです。

 

「食べ過ぎ」
上述した偏った食事をしているのはもちろん、食べ過ぎてしまった場合にも起こります。
特に胃腸の活動が本格化していない朝のうちに食べ過ぎてしまうと起こりやすくなります。
「過労やストレス」
過労やストレスなどによって自律神経が乱れると胃酸と胃の粘膜の分泌のバランスが崩れてしまい胃炎や胃潰瘍ができやすい状況になります。
そのため消化不良を起こすことがあります。

 

このような原因によって引き起こされていると考えられます。

スポンサーリンク

【消化不良を起こす可能性のある病気】

・逆流性食道炎
・びまん性食道痙攣
・胃潰瘍。十二指腸潰瘍
・過敏性腸症候群

これらの病気がきっかけとなって起こる場合もありますので注意しましょう。

 

【痩せる場合もある!?】
これはダイエットという意味ではありません。
どちらかと言えばもともと痩せている人がもっと痩せてしまうと言った方が正しいです。
消化不良によって消化吸収できていません。

 

そのため必要な栄養素も吸収できていないと考えることが出来ます。
体重の減少につながることもあります。
ただしダイエットとなることはありませんので勘違いしないようにしてください。

 

【まとめ】
食べ過ぎてしまうとさまざまな症状が起こります。
胃もたれ、吐き気、胸焼け、消化不良などが引き起こされます。

 

重要なことは食べ過ぎない、つまり暴飲暴食はしないということです。
腹八分目を心がけましょう。
またゆっくりと咀嚼回数を多くすることも大切です。

スポンサーリンク