食べ過ぎ 下痢 太らない

食べ過ぎているのに太らないのは下痢が原因??

スポンサーリンク

食べ過ぎるとすぐに下痢になってしまい太らないとお悩みの人は実は意外と多いです。
これは男性でも女性でもありえます。

 

「いくら食べても太れない」「痩せすぎて体力がおちた」という人は栄養失調となっているかもしれません!!
その原因について説明していきましょう。

 

 

痩せすぎているのが嫌で油物や肉類などのような高カロリーなものをいっぱい食べてしまい結果的に下痢をしてしまいます。
まだ太れないと思ってまた食べるのが繰り返しになってしまい、慢性的な下痢になってしまうこともあります。

 

出来る限りそのような状況は避けたいですよね!!
食事をするたびにお腹が痛くなり下痢をするのは辛いことです。

 

胃腸がしっかりしている人は毎日のように高カロリーなものを食べてもお腹を壊さずに食べられるでしょう。
ラーメンやカツ丼などのような高カロリーな食事を続けていると肥満の原因になるおそれがあります。

 

痩せている場合は消化能力が弱いのでこのような高カロリーな食事をし続けていると消化不良が原因となりお腹を壊してしまいます。

スポンサーリンク

その結果が下痢となってしまうのです。
このような高カロリーな食事は大抵の場合、外食、もしくは弁当屋、コンビニなどで購入すると思います。
このようなものは作られてから時間が経っています。

 

その場合、油が酸化してしまい劣化しています。
油が酸化していると胃に負担がかかりますので下痢になってしまうこともあります。

 

栄養失調のような状態が隠れてしまっていることもあります。
栄養が回らずに身体の機能が低下し気力すらもなくなってしまうことも考えられますので注意しましょう。

 

その他に食べ過ぎているのに太れない理由はさまざまな原因が考えられています。

 

骨格が影響している、栄養の偏り、遺伝、運動不足、病気、ストレスなども原因となることがあります。
痩せている人が太ることは太っている人が痩せるよりも大変だと言われていますので毎日運動をして栄養をとり、よく寝るなどの対策をとるようにしましょう。

スポンサーリンク