食べ過ぎ 下痢 胃痛 腹痛 翌日

食べ過ぎによる下痢や胃痛の原因とその対処方法など

スポンサーリンク

食べ過ぎ.comをご覧いただきありがとうございます。
当サイトでは食べ過ぎに関するアレコレをまとめています。
その症状や原因、改善方法や対処法などなど、ダイエットをしたい方にとっても胃もたれや胃痛がつらいという方にも読んでもらいたいです。
まずは食べ過ぎてしまう原因について触れていきましょう!

 

その原因は代表的なものは2つあります。
一つ目は「よく噛まない」ことです。
空腹な場合は食事を目の前にするとよく噛まずに食べてしまうことがあります。
食私欲を満たそうとするためですね。
満腹中枢は食べてから遅れてやってきます。
よく噛まずにたくさん食べることによって満腹中枢が刺激されないうちに多く食べてしまい限界を超えて食べてしまっています。

 

このことから二つ目は「早食い」です。
人は満腹と感じるまでに20分かかると言われています。
これは満腹中枢が身体にとって必要なエネルギーなのかを判断する時間にもなっていますので早食いをしてしまうことによって時間の経過を待たずに過剰摂取となってしまいます。
これからを意識することによって予防にもつながります。

スポンサーリンク

よく噛んで食べれば満腹中枢は刺激されダイエットにもつながります。
食べる量を減らせることの他にも顔の筋肉が鍛えられたるみやしわなども改善されますのでいいことが多いです。
早食いをしなければよく噛んで食べられます。
歯ごたえがあるものは早食いが出来ませんので早食いをどうしてもしてしまう場合にはそういったことで改善される可能性もあります。
他にも対策はいくつかありますので紹介していきましょう。

 

「食べる順番」を意識してみましょう。
炭水化物を最初に食べてしまうと血糖値が上がりやすくなってしまい太る原因となってしまうことがあります。
途中、または最後に食べるようにしましょう。

 

「〜ながら食事」はやめましょう。
食事をしながらテレビを見たり、スマホや新聞などを見ながら食べることによって意識がそっちへむいてしまい、気が付いたら食べ過ぎていたということにもなりかねません。
出来る限り食事を意識するようにしましょう。
このようなことによって胃腸に負担をかけてしまい、下痢や腹痛、胃痛、吐き気、嘔吐、胃もたれなどの症状が出てしまう場合があります。
気になる症状などがありましたら症状別で分けていますのでそちらも参考にしてください。
ストレスなども原因の一つとなっています。
食事そのものがストレスになってしまわないように普段から意識して行うことによって美味しいものがさらに美味しく健康的に食べられると思います。

スポンサーリンク